不動産名義変更の代行サービスの費用について

不動産名義変更の代行サービス

相続、贈与、離婚、売買により不動産の名義変更を行うのは時間と労力を要しますが、代行サービスによって素早く、負担なくできるようになっています。代行手数料についてはホームページで調べることができます。

不動産名義変更の代行サービスの費用について

売買により土地や、マンションなどの不動産の名義を変更するには自分で行おうとするとかなりの労力と時間が必要になります。

そこで不動産名義変更の代行サービスを司法書士などに依頼することが多いですが、費用はどれくらいかかるのかとても気になるところです。

最近インターネットのホームページから検索することもできたいへん便利になりました。

内容にもよりますが代行の費用としては不動産の売買においては2万円前後、それ以外の事案では4万円から15万とかなり開きがあるようです。

もちろん登録免許税などの実費を除いた分です。

特に相続の場合に手数料に開きがあるのは、相続人が一人の場合と二人以上の場合では書類や手間も違ってきますし、また相続人が兄弟姉妹の場合や、事情があり連絡が取れない場合などは戸籍謄本などの収集などかなりの手間がかかってきますので、この場合は代行の料金がかなり高くなります。

相続人が未成年だったり、認知症で判断能力が低下しているなどの事情があり、家庭裁判所に申し立てが必要になる場合はさらに費用が必要になってきます。

ホームページ(http://www.meigi-henkou.jp/)でも代行手数料について詳しく紹介している会社も多くなってきましたので、よく調べてから信頼のおけるところにお願いするのが良いでしょう。